車のオプション品は外した方がお得?

カーナビ、アルミホイール、CDコンポ、スピーカー、ETCなど、いろいろなオプション品を車の購入後に自分で取り付ける事は多いと思います

車買取査定の際、これらのオプション品を外した方がよいのか、つけた付けたまま出すのがよいのか、迷われる方の多いのではないでしょうか?


結論から言いますと、車のオプション品というのは、買取店での査定ではあまり考慮されません。
すなわち車から外して買取の査定とは別にして売った方が、得をする場合があります

そこで、買取店ではそのオプション品をいくらの価格をつけているのかをまずは確認しましょう。


オプション品の価格を確認するには、コツがあります。

買取店で査定をしてもらう時に、最初に

「オプション品は外しますから」

といって査定を受けるのです

最初にオプション品を外した場合の買取金額を出してもらい、買取金額の提示後、オプション品をつけたままだといくらアップするのかを確認します。


これとは逆に、オプション品をつけたまま買取金額を出してもらい、あとで外すといった場合は、買取店から提示される買取金額はどうしても下がってしまいます。

しかし減額された分がそのオプション品の価格とは限りませんので、注意してくださいね。

ですから、必ず最初にオプション品を外した場合の価格を確認しておいてください。


もしオプション品があってもなくても買取金額があまり変わらない場合は、ヤフオクなどを利用して売却しましょう。


実は以前買取した車の中にカーステレオやウーハーのセットが入っていました。
これを取り外しヤフオクに出品したところ、何と10万以上の値がついたことがあります。


あまり価値が無いと思うような部品でも、思わぬ金額で売れることもありますので一度試してみましょうね。

>>車の買取金額は時期によっても変わるへ

【当サイト人気No.1記事】

◆車の買取店と面倒な駆け引きをしたくない方へ

簡単に高く売る交渉術!>>車買い取りの極意

Copyright © 2006 車買取WEB 中古車買取り店店長が教える裏技!. All rights reserved