車両保険を使って車を高く売る方法

車の傷や凹みは基本的に直さずにそのまま買取店に持ち込んだほうが良いと説明しました。

>>車のキズのごまかし方


しかしこれには例外があります。
それは、車両保険を利用する場合です。


皆さん自動車保険を使って車の修理すると、翌年の保険料が高くなり損をすると思っていますが、それもケースバイケースです。

車両保険を使っても、翌年からの保険料が変わらない場合も多くあります。
そんな場合は保険を使って傷をきれいに直してから買取査定に出すことで、なんと数十万も得するケースがあるのですよ。

みすみす何十万も損をすることはありませんので、ぜひ覚えておいてくださいね。


それでは車両保険を使っても翌年の保険料がそれほど変わらないケースを説明します。


■保険の等級(保険の割引率)が上がっていて、保険を使っても翌年の保険料がほとんど変わらない場合(または保険料が同じ場合)

■ 「等級据置き事故」という、保険を使っても保険料が上がらない事故の場合(例えばいたずら傷などは等級据え置き事故となります)

■ 「等級プロテクト」など、保険を使っても保険料が変わらない特約に加入している場合


またこれからしばらく車には乗らない場合(例えば海外転勤など)も、翌年の保険料を気にしなくても大丈夫ですから、保険で傷を直してもいいでしょう。

ただし車両保険が使えるかどうか、必ず事前に保険会社に確認をするようにしましょうね。

>>車買取店での交渉方法

【当サイト人気No.1記事】

◆車の買取店と面倒な駆け引きをしたくない方へ

簡単に高く売る交渉術!>>車買い取りの極意

Copyright © 2006 車買取WEB 中古車買取り店店長が教える裏技!. All rights reserved